熊本の地震に関して

熊本の地震に関して

元暦2年(1185年)に都を襲った大地震を
鴨長明は方丈記に下記のように書いています。

houjyouki.jpg

元暦の大地震

また、同じころだったか、ものすごい大地震があったことがある。そのさまは尋常ではなかった。
山は崩れ、その土が河をうずめ、海が傾いて陸地に浸水した。大地は裂けて水が湧き出し、大きな岩が割れて谷に転がり落ちた。
波打ち際を漕ぐ船は波の上に漂い、道行く馬は足の踏み場に惑っている。都のあたりでは、至るところ、寺のお堂や塔も、一つとして無事なものはない。
あるものは崩れ、あるものは倒れている。塵や灰が立ち上って、もうもうとした煙のようである。大地が揺れ動き、家屋が倒れる音は、雷の音とそっくりだ。
家の中にいると、あっという間に押しつぶされかねない。かといって、外に走り出れば大地が割れ裂ける。羽がないので、空を飛ぶこともできない。
竜であったなら、雲にでも乗るだろうに。これまでの恐ろしかった経験の中でも、とりわけ恐ろしいのは、やはり地震だと思った。

このように、大揺れしたのは少しの間でやんだが、その余震がしばらく続いて絶えなかった。ふつうでも驚くほどの地震が、に、三十回揺れない日がない。
しかし、十日、二十日とたつうちに、しだいに間隔があき、ある日には一日に四、五回、それが二、三回になり、
もしくは一日おき、二、三日おきに一回というふうになり、だいたい三ヶ月くらい余震が続いただろうか。

四大種(地・水・火・風)の中で、水と火と風は常に害をなすものだが、大地の場合はふつうには異変を起こさない。
昔、斉衡のころとかに、大地震が起きて、東大寺の大仏のお首が落ちたりして大変だったらしいが、それでもやはり今度の地震には及ばないとか。
その直後には、だれもかれもがこの世の無常とこの世の生活の無意味さを語り、いささか欲望や邪念の心の濁りも薄らいだように思われたが、
月日が重なり、何年か過ぎた後は、そんなことを言葉にする人もいなくなった。

まったく今も同じで 月日が重なり、何年か過ぎた後は、まったく忘れてしまい、
天災は忘れた頃にやってくる。そのままです。
この言葉は物理学者で文学者の寺田寅彦のことばといわれていますが、
そのままの言葉は無いようですが、同じ趣旨で後世の人がことわざ風に作ったもののようです。

地震対策は残念ながら事前対策はありません。
広い日本の何時,何処に 地震が発生するかわからないからです。
時間 空間が特定出来ないのでは対策の費用は計り知れないからです。

ではどうすればよいのでしょうか
発生したら 災害救援を迅速にするしかありません。

今 待望の 田中角栄が生きていればこの日本の状態を憂えて 何をするのでしょうか。
神戸 東日本 新潟 熊本 約5年に一度は震度7クラスの地震が発生しています。
台風被害を入れれば 甚大なる災害による避難は2年に一度の頻度になります。

道路が寸断され 救急医療 食料 衣料 搬送の車が避難所へ渋滞で思うようになりません。
避難所では2週間辛抱するするのが最大許容日数でしょう。何しろ現代の人は共同生活に慣れていないのです。
平地がだめなら 鳥のように 空,又は水上を利用するありません。

今回の熊本の地震では八代市に応急対策としてフェリー が着岸し 避難所になっています。

上記の 例えば 災害救援客船を準備するのも一つの方法です。
世界では 5000人収容する客船があり 現在建設中の船は何と乗客6360人程度の収容規模です。まったく一つの町です。
建造費は約1500億円 原子力発電所建設の約半分です。これを15台作れば収容人数9万人 総額2兆円 年間国家予算の2%強です。
収容人数では今回の熊本地震の避難所の人数 9万人くらいに匹敵します。
応急対策のプレハブでは長期間耐えることが出来ないでしょう。
今週火曜日の新聞 内閣府の試算では熊本地震被害は住宅を中心に最大4.6兆円と公表されました。

このくらいの準備をしてこそ 備えあれば憂いなし 事前対策となるでしょう。
田中角栄が天国にいるかどこにいるか解りませんが 彼であればどのような計画案を考えていたのでしょうか。お聞きしたいところです。
又彼のような人でなければ この現代の日本では実行されないのです。 それはまったく残念なことなのです。(新幹線,高速道路しかり)

因みに
「ハーモニー・オブ・ザ・シーズ」は、現在、遊覧航行している世界最大の2隻の客船より幅が1メートルほど広いという。この2隻の全長は同じく362メートル。
総トン数 225,282トン 乗客6360人程度 全長 362.0m 幅 64.9m
戦艦大和は
排水量 64,000トン  乗員 3,332名  全長 263.0m  幅 38.9m

方丈記【原文】

また、同じころかとよ、おびただしく大地震(おほなゐ)ふることはべりき。そのさま、世の常ならず。
山はくづれて河を埋(うづ)み、海は傾(かたぶ)きて陸地をひたせり。土裂けて水湧き出で、巌(いはほ)割れて谷にまろび入る。
なぎさ漕ぐ船は波に漂ひ、道行く馬は足の立ちどを惑はす。都のほとりには、在々所々(ざいざいしよしよ)、堂舎塔廟(だうしやたふめう)、
一つとして全(また)からず。あるいはくづれ、あるいは倒れぬ。塵灰(ちりはひ)たちのぼりて、盛りなる煙のごとし。
地の動き、家の破るる音、雷(いかづち)に異ならず。家の内にをれば、たちまちにひしげなむとす。走り出づれば、地割れ裂く。
羽なければ、空をも飛ぶべからず。竜ならばや、雲にも乗らむ。恐れのなかに恐るべかりけるは、ただ地震(なゐ)なりけりとこそ覚えはべりしか。

かく、おびたたしくふることは、しばしにてやみにしかども、その余波(なごり)、しばしは絶えず。世の常驚くほどの地震、二、三十度ふらぬ日はなし。
十日・二十日過ぎにしかば、やうやう間遠(まどほ)になりて、あるいは四、五度、二、三度、もしは一日(ひとひ)まぜ、二、三日に一度など、
おほかたその余波、三月(みつき)ばかりやはべりけむ。

四大種(しだいしゆ)のなかに、水・火・風は常に害をなせど、大地に至りては異なる変をなさず。昔、斉衡(さいかう)のころとか、大地震ふりて、
東大寺の仏の御首(みくし)落ちなど、いみじきことどもはべりけれど、なほこの度(たび)にはしかずとぞ。
すなはちは、人皆あぢきなきことを述べて、いささか心の濁りも薄らぐと見えしかど、月日重なり、
年経にしのちは、言葉にかけて言ひ出づる人だになし。

新入社員へのコメント

新年度が始まり 新聞に新入社員の門出のコメントがいろいろ出ていて面白いです。

新聞広告〈新年度〉
2016年新年度広告「雨を見るから、晴れも楽し。」

kiki001.jpg

希林さん:わたし、18歳で役者をやり始めて、こんなんです。
鶴瓶さん:ぼくは、つい先日で芸歴45年です。仕事のはじまりはどんなんでした?
希林さん:最初はね、たまたま劇団の募集で受かって入ったの。でもみんながやたら頑張っていて大変そうで、そういう風なのが嫌だった。そんな時、CMの仕事がきたの。
当時の役者はCMの仕事は芝居が荒れるからって、誰もやりたがらなかった。でも私はそんなの関係ないと思ってやったら、なんと〝今年のワーストCM〟になっちゃって。
それでも、小さな仕事がこんなに注目を浴びるなんて、面白いなあって思ったの。やってよかった。これがなかったら役者を辞めていたかもしれないくらいの経験になった。
鶴瓶さん:それ、面白いと思えることがすごいですよね。ぼくは落語家に弟子入りする形ではじまりまして。その頃、ある仕事で司会をしていたら、
どうもみんなから嫌がられてる課長さんがいましてね。その人に幼児言葉を言わせてみたんです。「象さん」を「象たん」って。それがドーンとウケて、
課長さんもイジられたのにウケて嬉しそうで。ぼくは嫌がられている人でも一緒になって嫌がらないで、その人の面白さを見つけて、
まわりもその人を愛せるようにしたいと思うんです。それはこの時に得た考えで、今も根本的に変わらないですね。
希林さん:どういう状況でも、一度は挑戦してみるということね。
鶴瓶さん:会社にだって、どこかに自分が生きる場所や方法があるはずだから。
希林さん:自分から面白がっていれば、周りから呼ばれるようになる。わたし、人からどう見られたって全然平気。
鶴瓶さん:希林さんは困難にうまいこと対処しはりますよね。
希林さん:ためになるんですよ。困難に関わったことは。
鶴瓶さん:壁に当たることによって得るものも多い、と。
希林さん:そう、雨降って地固まる。雨を見るから晴れも楽しい。
鶴瓶さん:人生、雨も降らなあかんね。で、ネアカ元気でへこたれず。
希林さん:そう物事を見ると、案外、面白いって思えるのよね。
4月1日は、
はたらく人の、はじまりの日。
さあ商い、商い。

ついでに樹木希林の正月広告
2016年正月広告「樹木希林さん篇」

欲と雪は積るほど
道を忘れるって
いうじゃない ネ
今年も
売り手よし 買い手よし
世間よし  で
おめでとうございます

樹木希林

kiki002.jpg