カテゴリー別アーカイブ: 未分類

大橋巨泉さん死去

大橋巨泉が7月12日にがんの闘病の結果 死去した。82歳だった。

7月20日 9時20分頃フジテレビを たまたま見たら
大橋巨泉が7月12日に死去した 追悼の報道を行っていた。
司会の小倉智昭が懇意に師事していたため独占的に報道していたのです。
4,6チャンネルに10チャンネル その他のチャンネルはこの特集を見てびっくり慌てて
9時40分頃からか特報テロップを流す。
NHKは10時のニュースで報道。
私も大橋巨泉の死亡記事を新聞,ネットで検索したが見当たらない。誤報ではないかと考えたほでどあった。
ネットでは9時56分毎日新聞メールで速報

大橋巨泉の最初のラジオでの出会いは 私の古い記憶では1964年(昭和39年 東京オリンピックの年) 
山田ロミの番組(TBSラジオでパーソナリティーの番組)で
構成作家として出演 ジャズの評論家で 物言いが非常に生意気な感じがした。
その後11PMで初めて大橋巨泉を認識したものだった。
その1週間前には
永六輔が7月7日に亡くなっていた。82歳。
ザ・ピーナッツの伊藤ユミが5月18日に亡くなっていた。75歳。

ここで問題 テレビ関係者で3人に関係した人物は?

日本テレビの井原高忠である。
この人は学生時代 アメリカ映画 音楽をこよなく愛し 
バンド活動をしており 学習院,慶応を卒業して日本テレビに入社した。

アメリカのテレビ局からバラエティ番組制作のノウハウを持ち帰り、
これを日本のテレビ番組で実践。日本におけるバラエティ番組の草分けとなった。

1958年(昭和33年)、『光子の窓』(草笛光子 主演)でディレクターとしてデビュー。
放送作家として永六輔を起用。

渡辺プロダクション創業者渡辺晋から当時18歳だった伊藤日出代・月子姉妹を紹介され、
「エミ・ユミ」の芸名と「ザ・ピーナッツ」のグループ名を付ける。

1965年(昭和40年)に『11PM』を企画し、不毛の時間帯であった深夜帯を開拓した。
構成作家として入った大橋巨泉が「何なら僕が変えてやる」と自ら出演を希望、
井原はこれを受け入れ報道局を説得し全面リニューアルさせた。

1969年(昭和44年)には巨泉と前田武彦による『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』をプロデュースした。

井原は50歳になったら会社を辞めると公言していたこともあり、
1980年(昭和55年)6月6日、自身の51歳の誕生日に胆石の手術を理由にして日テレを退職する。

1985年(昭和60年)に日本を去り、アメリカ合衆国の永住権を得てハワイ州ホノルルに定住。
ハワイに移住後、アメリカ本土に移ったため、自らもジョージア州アトランタ郊外に移住した。
2014年9月14日、心臓の病気によりアトランタの病院で死去。85歳没[6]。 

著書に、自伝『元祖テレビ屋大奮戦!』(1983年、文藝春秋)がある。
これが1万円以上の高価な古書である。

この4人に共通した番組で一番記憶,記録にある番組はシャボン玉ホリデーです。
日曜夜6時30分から7時までの30分番組 牛乳石鹸提供

番組の最後はザ・ピーナッツとハナ肇の掛合
バックの音楽は スターダスト ギターをメインにロス・インディオス・タバハラスの演奏
youtubeでは https://www.youtube.com/watch?v=069usO2jTAI
ロス・インディオス・タバハラスの演奏では マリアエレーナ この曲も良かったです。
youtubeでは https://www.youtube.com/watch?v=Cx792WbxDXQ

すごく楽しく素晴らしい番組 洋楽 オールディーズ60’s そのもの ダンス,衣装,大道具もよかった。

最後の曲 スターダストは甘く悲しげな音楽で 
楽しい時間が過ぎて
ああ一週間終わってしまった
明日から学校か
一週間が待ちどうしいな
などと思って過ごしていた若い頃の思い出です。

参考の本
シャボン玉ホリデー―スターダストを、もう一度
五歩一 勇 (著)

shabon

紫陽花と元素?

今年もまた庭のアジサイが咲いてきました。
梅雨の季節には紫陽花が似合います。

さながらに宇宙の花か額紫陽花
一輪に煌めく銀河 額紫陽花

ajisai.jpg

紫陽花と宇宙と元素との関係は如何に?

今年の末 周期表に日本のグループが作った原子番号113番の新元素 ニホニウムが掲載されます
国際学会(IUPAC)は8日、理化学研究所の森田浩介グループディレクター(59)=
九州大教授=らが合成した原子番号113番の新元素の名称案を「ニホニウム」と発表しました。元素記号案は「Nh」。
5カ月間の一般からの意見公募を経て正式決定します。教科書でおなじみの元素周期表に初めて日本生まれの元素が掲載されるのです。

人間の身体の中の必須元素は下記ですが 宇宙の始まりのビッグバン以降 何時 これらの元素は作られたのでしょうか?

ヒトの身体の98.5%はわずか6種類の元素でできています。(酸素 炭素 水素 窒素 カルシウム リン)
私たちの体内のアミノ酸,タンパク質,DNA,脂肪などはその6種類の元素でほとんどできているのです。

ビッグバンでは元素は高熱過ぎて中性子のみができ元素は作られず,その後冷却後 水素,ヘリウムしか作れなかったです。

では 太陽ではどうか これは現在では水素,ヘリウムしかありません。
晩年の恒星で太陽でいえば50億年後に炭素や酸素は作られます。
その時の太陽の半径は地球の軌道まで達し地球は飲み込まれてしまいます。

数々のそれこそ数えきれない数十億年をかけての 超新星の爆発により重い元素は宇宙に初めて散らばっていったのです。
因みに 1054年に出現した超新星 カニ星雲 を藤原定家が自身の日記『明月記』に記録をひいています。
超新星の出現当時は金星ぐらいの明るさになり、23日間にわたり昼間でも肉眼で見えた,夜間は後2年間も見えていた といいます。

我々一人一人の身体は宇宙発生 ビッグバンから 超新星の爆発を経て 137億年の歴史で作られた元素によって成り立っているのです。
地球が出来て46億年。
現在の人類がアフリカに発生して20万年。細胞内のミトコンドリアにその痕跡が残っているのです(女性のみに遺伝 ミトコンドリア イブ)。

現代の技術では水銀(Hg 原子番号80)から金(Au 原子番号79)を加速器でつくることができます。
いわば現代の錬金術です。ただし1グラム作るのに10万年かかります。

天文学的な時間空間に対して 我々の一生の時間空間はせいぜい120年 1立米です。
この小さな我々の身体は 天文学的な時間空間の星の欠けらから出来た元素により 成り立っているのです。
紫陽花の花もしかり(アジサイの色の違いは、アルミニウムイオンの量の変化が支配的です)
空即是色 色即是空
いくら 楽しく 苦しく つらいこと 喜怒哀楽があっても高々100年です。一喜一憂せず くよくよせず 死ぬまで 前向きで生きませう。

百人一首にも書かれています
永(なが)らへば またこの頃や偲ばれん 憂(う)しと見し世ぞ 今は恋しき
藤原清輔朝臣(84番)

今までは 他人(ひと)が死ぬとは 思ひしが 俺が死ぬとは こいつぁたまらん 蜀山人の狂歌
この世をば どりゃお暇(いとま)に 線香の 煙とともに 灰(はい)左様なら 十返舎一九の狂歌

参考図書
1.僕らは星のかけら マーカス チャウン著 ソフトバンク文庫
2.だれが原子をみたか 江沢洋 岩波現代文庫
3.元素の誕生物語 Newton 2011年1月号
4.人類20万年 遥かなる旅路 アリス ロバーツ著 文春文庫

aHoshi.jpg