10月の風物詩

昨今の10月の風物詩は ノーベル賞とハロウィンです。

2015年11月13日
昨今の10月の風物詩は ノーベル賞とハロウィンです。
これらの話題を取り上げましょう。まずはノーベル賞
大村智 – 2億人を病魔から守った化学者大村智.jpg

山梨大学教育学部を出て、夜間高校の教師となり、そこから研究者となり、オンコセルカ症の特効薬イベルメクチンの元を開発し、
この難病に苦しんでいた2億人の人々を絶望の淵から救った人です.
しかも、それに止まらず、美術館まで建て,美術館のような病院も建ててしまう。

大村とメルク社(世界でトップの米国医薬品業)はイベルメクチンのロイヤリティに関するライセンス契約について話し合う。
メルク社は、最初に発見した放線菌の菌株を3億円で売ってくれと言い出してきた。一時金による決着である。
しかし、大村はそれを蹴る。北里研究会の理事会に伝えると、理事会は一時金をもらったほうがいいという意見だった。
しかし大村は反対し、売上高によって支払ってもらうロイヤリティ契約を主張する。
結果、このロイヤリティ契約によって北里研究所には250億円以上のロイヤリティ収入を手に入れることになる。

大村は芸術に対する造詣も深く、「21世紀には科学や技術も大事だが、心を大事にする時代にしなければならない」との考えから
埼玉県北本市に美術館とコンサートホールのある北里研究所メディカルセンター病院を建設する。

(受賞して最初にどなたに報告したのかと問われ)
『周りにいた人達が一緒になって喜んでくれたけど、
一番最初はまず心で、もういないわけだけど、
私の16年前に(乳癌で)亡くなった家内大村文子に
「もらいましたよ」と。
何よりも喜んでくれると思っています。』

夫人にたすけられた大村の人生
『絶えず家の事を考えてくれたので自分は全く何の心配も無く
研究に専念し 与えられた役目を果たしてこられた。
これもすべて彼女のお陰であり心より感謝している。』

将に 内助の功,努力すれば報われる貴重な例です。
但し必要条件であって十分条件ではありません。
しかし 継続は力なり ですぞ。

参照書籍
大村智 – 2億人を病魔から守った化学者
著者 馬場錬成
中央公論新社

辞書よりもノーベル賞で知る『地道』
ニュートリノよりも軽い大臣の国

つぎはハロウィン

昨日某スーパー サンユーに行った所,マント,帽子姿のハロウィン衣装で
60歳代の美魔女がレジを操作していた。この姿を見てぶったまげたのである。
彼女曰く 『何で私が一週間もこんな格好をしなければならないの,
お客さんだって年取った人はハロウィンなんて知らないんだから』

Halloween.jpg

そもそも ハロウィ(Halloween)とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。
もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、
現代では特にアメリカで民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。
カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して
近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。

今となっては日本の年中行事に定着しつつあるほど有名なハロウィンですが、
少し前に遡ると、ハロウィンなんていう行事は知らない人も多かったのではないでしょうか。
ここ数年で急激に人気度を高めつつあるハロウィンが日本で注目されるようになったきっかけは一体何だったのでしょうか。
日本でハロウィンが年々人気になる3つの理由は

1.テーマパーク ディズニーランド
1997年から始めたハロウィンイベントがヒットし、次第に規模も認知度も高まり、秋のイベントとして恒例化していったと言われています。

2.コスプレ文化
ハロウィンが知られるようになっただけでなく人気を獲得できたのは、ハロウィンには他の行事にはない”仮装”という要素を含んでいるからです。
もともと日本ではアニメやゲームなどの登場人物やキャラクターに扮するコスプレが人気でしたが、
このコスプレも起源はアメリカのハロウィンで行われたSF作品に登場する人物の仮装大会だと言われています。

3.日本人の国民性
日本のハロウィンはクリスマスなどと同様に、宗教的背景の上でハロウィンを開催している例は皆無であり、
あくまでもイベントとして楽しむもので、娯楽化、商業化されたものです。
そして、海外の文化行事を取り入れ、イベントとして楽しむというのは日本でよく見られる傾向なのです。
クリスマス,バレンタインや、ボジョレーヌーボーなど、日本は外国に比べ積極的に海外のイベントを取り入れる,お祭り好きな国,国民です。
海外に対する関心も高く、新しいものを比較的容易に受け入れる点が日本のハロウィン人気の高まりを助ける要因になったのではないでしょうか。

魔女よりも生きてる人が怖いナウ
月末はハロウィン 俺 ハロワーク

コメントは受け付けていません。