堀江貴文氏(所謂 ホリエモン)

先日テレビを見ていたら堀江貴文氏(所謂 ホリエモン)が
反面教師 しくじり先生『俺みたいになるな』に出演し
自らの経験で得た教訓を説明していました。
面白かったので彼の本を読んでみた。

ライブドアの頃の彼には全然興味が無かったので本も読んだことも無かったのでした。
ただ世間を騒がしている人なのかな位の認識だったのですが,
3年前から刑務所に入ってからのテレビの話が面白くで下記の本を読んだのです。

1.刑務所なう                    文藝春秋
2.刑務所なう シーズン2        文藝春秋
3.刑務所わず                    文藝春秋

3.刑務所わず の意味がわからず 刑務所 所かまわずを略したのかしらん と思ったのですが
なう(Now)に対して刑務所を出所し 刑務所が過去のものになったのでbe動詞の過去形の(was)となったと。
若い人(といっても43歳)の言葉の使い方が分かりませんが 何気におもしろい。

その内容は
1.刑務所日誌 (朝昼晩の食事の話,介護の仕事の話)
2.時事コメント(これがなかなか面白いのだ)
3.書評(理系 科学ものが多い 下記の本まで出版している)

その他 刑務所出所後の本が下記
1.我が闘争    幻冬社
2.ゼロ(なにもない自分に小さなイチを足していく)    ダイヤモンド社
3.ネットがつながらなかったので仕方なく1000冊読んで考えた    角川書店
(彼の言葉を借りれば 本の名前が長げえんでねえの 長っ!)

刑務所内の内部に入った人で無ければ分らない内容が多くあるので
代筆ではなく彼の自筆に間違いないでしょう。 文章が巧く 頭が良いし 説得力があるのです。

何故会社の社長になったのか?
我が闘争の本の中で 中学時代にマイコンの日立のベーシックマスター及び
NECの8801でBASIC アセンブラを無我夢中で勉強し英語の家庭教師用のソフトを
NEC用に移植し報酬として10万円をもらったことにより一段とモチベーションが上がったと。
東大在学中に 現在のWEBサイト ホームページ作成のアルバイトに又 寝食をわすれて没頭し
俺がやらねば誰がやる 今やらねば何時やれるということで ホームページ作成 会社を資本金600万円借金して
設立しその後たった2、3年で年間売り上げ高 10億円の会社ライブドアとなったとのことです。
故にプログラマーとしても一流なのである。

何故逮捕され刑務所に入ったのか?
彼に言わせれば 老人(読売新聞 某渡辺オーナー),政治家,検察の 嫉妬で
彼のような生意気な 挨拶も服装も気にしない
世の中を舐めすぎた人間を懲らしめたかったのだと。

今後何をやっていくのか?
現在はロケット開発会社のオーナー及び従業員である。
2013年3月に出所後 彼の有料のブログに約2万人の人が参加している。
月900円程度なので    月に約2000万円の収入がある。ブログだけで月に2000万円ですよ!!
これだけの人が参加している事は誠に恐れ入ります。
それだけ魅力 情報の発信力があると云う事なのでしょう。

このようなパワーのある人がこれからの世代の人をひっぱていくのであれば
どのような展開があるのか
将に24時間365日戦う戦士のようである。
茨城県古書籍商組合長とほぼ同じ世代であるが
この世代の人はかれをどう考えているのでしょうか
組合長如何ですか?

本年3月彼の 来賓として近畿大学の卒業式でスピーチ(約15分)
平成26年度近畿大学卒業式で、来賓として登場した堀江貴文氏。
そこで卒業生に贈った、厳しくも温かい祝辞が話題を集めています。
「未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ。」の言葉にこめられた思いとは?

彼が会社設立から10年間を一生分生きたといっていますが
その後の10年,20年,30年,40年    はどのようになっていきますか?

後生(五生)ですから お願いします。
おつとめごくろうさまでした。

コメントは受け付けていません。