藤本義一

今日の二十四節季は 大寒 立春 の間の中日です。
七十二候では 鶏始乳     鶏が卵を産み始める     水沢腹堅     沢に氷が厚く張りつめる です。
今日の日の出時間は最も遅い時間から約7分ほど早くなり6時42分頃になっています。
今度の水戸市場は2月4日火曜日で立春にあたります,縁起が良いので大いに盛り上がりましょう。

しかし全体的に古書業界も下降気味で 上昇機運にはなく 沈滞気味又は存続の危機まで囁かれています。
これを跳ね返し 又 ばねにして何とか現状維持又は上昇機運に持っていかねばと、
各店主は努力しているのでしょう。

作家の藤本義一が下記のような言葉を残しています。

藤本義一はユニークな見解を持ちテレビのコメンテータとして高く評価していたところでした。
このような人の文章 エッセイ は現在他の作家にはお目にかかりません。
残念ながら 満79歳で一昨年亡くなりました。

行動哲学 商売の原点「行商」の精神のいい話
アイウエオ精神  藤本義一 男の顔は領収書 PHP文庫

アはアイディア            企画
イはインタレスト        興味
ウはウォーク            行動
エはエキサイティング    燃焼
オはオーナシップ        自負

北洋銀行の武井正直前相談役(81)は、作家の藤本義一さんと「アイウエオ」こそが、
商売の原点「行商」の精神だと下記を話し合ったことがあるそうです。

「ア」はアイディア。
「イ」はインタレスト。あらゆるものに興味を持つこと。
「ウ」はウォーク。歩くこと、つまり、行動すること。
「エ」はエキサイティング。心に火をともすこと。(本に火をつけないように)
「オ」はオーナーシップ。各店主が、一国一城の主だという意識を持つこと。
「本,物が売れない」と不満をこぼす前に、そんな行商魂を失っていないだろうか――。

皆さんも10倍返しでやり抜きましょう。

そこで一首

柔肌の 熱き血潮に 触れもみで
古書売り買いに もみでする君

コメントは受け付けていません。